Work For It

インターネットによる風評被害にサイバー犯罪対策室

インターネットによる風評被害が問題になっています

以前までの情報の発信方法は、新聞やテレビといった、限られたものしか存在していませんでした。そのため以前まで発信されていた情報は、一定のチェックが掛かったものでした。これに対して現在は、インターネットが世の中に広く普及しています。インターネットを利用すると、誰でも手軽に情報を発信することが可能です。しかし手軽であるために、内容をチェックが難しい状態です。結果として現在は、インターネットによる風評被害が、しばしば発生して問題になっています。

情報の発信者が分からない風評被害

ただし風評被害が発生しても、情報の発信者が分かれば、風評被害対策を行うことができます。例えば情報の発信者に対して、名誉棄損などの名目で、損害賠償を請求することも可能です。しかし情報の発信者が分からなければ、そうした風評被害対策ができるとは限りません。するといつまでたっても悪い情報が掲載されたままになって、風評被害がより深刻になります。そうしたときに相談すると良いのが、警察のサイバー犯罪対策室です。

サイバー犯罪対策室の特徴

インターネットでは、情報の発信者が見た目に分からなくても、IPアドレスが残るシステムです。そのためIPアドレスを辿って行くと、情報の発信者を突き止めることができます。そこでサイバー犯罪対策室では、発信者のIPアドレスの解析を重視して捜査することが特徴です。このようなサイバー犯罪対策室は、警視庁だけではなくて、都道府県ごとに設置されています。したがってインターネットの風評被害は、各都道府県の警察に相談すると便利です。

言われもない風評被害対策を防ぐには、社員の電話等の対応を素晴らしいものにしておくことが大変重要です。