Work For It

ネット上で誹謗中傷されたら

警察に通報するのは効果的か

いわれのない誹謗中傷で被害を受けたとき、まず考えられるのは警察への通報です。重大な名誉毀損やプライバシーの侵害があった場合は、裁判所に告訴することも可能です。警察には強制的に捜査する権限があるため、最後の手段として活用できるでしょう。ただし警察署の判断によっては、あまり積極的に動いてくれないこともあります。また口コミサイトで悪評価された場合などは、民事不介入の原則が適用され、警察では対処できません。

削除依頼をするのが基本

サイトの管理者に削除依頼をするのは、誹謗中傷対策の基本中の基本です。自分で削除依頼をしにくいときは、警察や法務局に相談し、代行してもらうこともできます。ただし削除依頼は自分で行なうのが原則であり、必ずしも助けを得られるとは限りません。また削除依頼をしても、書き込みが即座に削除されるわけではないので注意が必要です。時間が経過していると誹謗中傷が拡散し、すべてを消すのは困難になることが多いと考えられます。

専門のサービスを利用する

場合によっては誹謗中傷対策専門の会社を利用するのも解決策になります。こうした会社では悪質な掲示板やサイトに記事の削除を求めたり、誹謗中傷を行なった人物を特定したりしています。また検索サイトで誹謗中傷記事が表示されないようにしたり、検索順位を下げたりすることも可能です。店の売上低下や企業のイメージダウンなど、深刻な経済的被害に繋がる誹謗中傷については、徹底した対策を講じることが、結局はコストを削減する方法になります。

ネット上に誹謗中傷を書き込まれたら、どうすればいいのでしょうか。それが2ちゃんねるならば、2ちゃんねる削除依頼スレを利用する方法があります。それでも削除されない場合は、弁護士に相談してみましょう。