Work For It

職場で誹謗中傷された!どうすればいいの?

1人で抱え込まないで周囲に相談しましょう

職場で上司と不倫しているなどとありもしないことで誹謗中傷されたら困りますよね。自分の信用にも関わる問題です。取引先との関係に発展してしまうかもしれません。こんな時は1人で抱え込まないで周囲に相談しましょう。日頃からある程度職場の人とコミュニケーションを取って、何か会ったら相談できるような信頼関係を構築しておくのも大事でしょう。なにより周囲から信頼されているならば誹謗中傷されても周りは誰も信じないですよね。

職場に相談できる部署があるならば相談しましょう

誹謗中傷されて、周囲の人に相談できる環境にあれば良いのですが、場合によっては相談できる人がいない場合もありますよね。職場に相談できる窓口がある場合は利用してみるのも良いかもしれません。労働組合がある職場ならば、労働組合に相談してみるというのも手です。誹謗中傷している人が注意を受けて、止めてくれれば助かりますよね。相談するときは言われたことの記録を取るなどして、証拠を揃えましょう。メールで誹謗中傷されているときはそのメールを見せると良いでしょう。

どうしてもダメなら弁護士に相談しましょう

職場に相談できるような場所がなく、誹謗中傷がやまない時は思い切って弁護士に相談しましょう。会社は労働契約に基づき、労働者に対して適切な労務環境を整える義務があります。社員が誹謗中傷されている状態を放置している会社はこの義務を怠っていると言えます。従って、会社に労働環境を改善するように交渉することになります。会社が交渉に応じない場合には民事訴訟を提起して、損害賠償請求することになります。弁護士費用はかかりますが、誹謗中傷を止める一番確実な手段かもしれませんね。

誹謗中傷対策は現代社会においてなくてはならないものです。なぜならSNSの発達で誰でも匿名で誹謗中傷が出来るからです。あまりに悪質なものは警察や弁護士に対応してもらうのも手です。