Work For It

もらった時に嬉しい形状は?受け入れられ易いトロフィーのデザイン

せっかくの記念なのだから・・・

せっかく努力して練習を積み重ね手にした上位入賞の座。それを真から実感する為にも、その場に相応しいデザインや質のトロフィーを貰う事は何より大切な事ですよね。これらの期待に反してデザインや質の悪いトロフィーを渡されたのなら、多くの入賞者が幻滅しその後の大会参加さえ躊躇ってしまう様な事態になりかねません。それだけ長く記念として残るトロフィーの選定は大事であり、大会運営する上で大きな比重を掛けるべきなのです。

時代に合ったデザインにする事が大事

いつの時代もその時点での最先端の技術を取り入れた物やサービスは受けが良いものです。それはトロフィー一つにとっても言える事で、特に最近になってスタートした新しいジャンルの大会や競技では、その時代に合った最先端のデザインをトロフィーに導入する事で受けが良くなるでしょう。具体的に、若い世代に受け入れられ易いクリスタルトロフィーは近年になって渡される機会が増えてきた種類であり、今時の若い世代の部屋にもインテリアとして違和感無くマッチするものです。

伝統を重視するならデザイン維持でもコストは下げない

逆に古くから受け継がれてきた伝統の深い大会や競技の場合、受け取るトロフィーのデザインが発祥当初のものであってもその分伝統の重みが伝わり、受け取った者の満足感や所有感を高揚させる事にも繋がります。それゆえそのデザインが多少古くなったとしても、トロフィーの質を落とす事は出来るだけ避けなければならないでしょう。同時に受け取るメダルもそうですが、飾った時のインテリアとしての質感だけでなく、いつまでも受け取った者の感動を呼び起こす事が出来るのかという観点からも製作するのが大切ですよね。

トロフィーとは、スポーツの試合や競技において、優勝者に渡されるものです。ギリシャ語で戦利品を意味する単語が由来となっています。